北欧フィンランドにはサンタクロースが住んでいる?

もうすぐクリスマスですね。世界中の子供達がわくわくしながらクリスマスを迎えます。その最大の理由は、山ほどのクリスマスプレゼント!クリスマスツリーの下にどんなギフトが置いてあるのかわくわくしながらクリスマスイブを待つのはとても楽しいですね。

その子供達へプレゼントを持ってきてくれるのはサンタクロースと言われる赤いコートにトナカイのそりを従えたおじいさん妖精だといわれています。

北欧の一国フィンランドにはサンタクロースが住んでいる村があると言われています。

北極圏の輪の中にあるラップランド州の街ロバニエミの郊外ナパピーリ村です。

北極圏は、真夏は太陽が24時間常に地平線より上を回っており、夜でも明るい白夜と言われる状態になります。逆に真冬には24時間一度も太陽が顔を出さない朝も昼も真っ暗闇の暗黒の世界になります。

ナパピーリの村は冬になると一面雪に覆われます。暗黒の世界の中に、雪が月や星に照らされて白く煌きとても優雅な風景が臨めます。オーロラと言われるプラズマの発光現象も天空に現れ、とても幻想的な冬の景色を楽しむことができる場所です。そんな場所に世界中の子供達が待ちのぞんでいるサンタクロースが住んでいると考えただけでも素敵ではないでしょうか。

実際は、ラップランド観光協会が、村興しの商業的目的でサンタクロース村を建てたことが始まりです。ここでは、サンタクロースがせわしく働いている姿を見れたり、サンタクロースと一緒に記念撮影したりできます。サンタクロース郵便局もあって、世界中の子供たちがサンタ宛に書いた手紙が届きます。この郵便局からサンタの手紙やカードの返信、珍しいギフト宅配などのサービスが受けられます。

友人や親戚の住所を教えればサンタクロースから直接カードやギフトを送ってもらえますので、ちょっとユニークなクリスマスプレゼントとして重宝されそうですね。

http://www.kishina-office.com/

残業代未払い・残業代請求するか悩んでいる方へ【千代田中央法律事務所】

ノベルティ 人気